日本という国!!

スポンサードリンク!!


-  |  次の3件 »

韓国とは国交断絶しかないのか?

Chosen01.jpg

1880年代のソウル南大門大通り(中心街)





更新しないまま時間が経ったのはなにを語るべきか?



そして結論は日韓関係である!!




朝鮮の人は一般的にプライドが高い

そのためには嘘でも平気でつく




たとえば、

朝鮮には、身分制度があり、上から、王族、両班(いわゆる官僚)、

平民(中人、常人)、賎民(奴隷、白了)と4段階になっていた



両班の比率は1690年代で7.6%しかいなかったが

現在では、80%以上の韓国人が元両班であるという家系図を持っている



自分の家系迄捏造するのである




日本は韓国人が言うように本当に悪かったのかというと





1、伊藤博文は韓国併合に反対だった


  上の写真を見てもらえばわかるが、韓国併合前のソウルの写真である

  伊藤博文は韓国を併合しても、利益の無いことからも反対であった


  ロシアの南下政策と朝鮮の有識者による併合の依頼、また軍部の強硬策に

  屈してしまったが、写真の通りの貧しい国を日本にすることに抵抗していた



  話しは変わるが、暗殺者の安重根は韓国ではヒーローだが、テロリストをヒーロー

  にする国は朝鮮くらいしかない




2、朝鮮は併合後に日本としてインフラ整備をされた


  ・身分制度の撤廃

  ・教育の充実

  ・土地制度の改善

  ・インフラ整備


  戦前の時代に奴隷までいた国を日本という国の方式で開放していった

  教育でもそうだが、朝鮮人の識字率は1910年頃は6%しかなかった

  小学校も100校しかないものを1943年には4271個まで増やし、1943年には

  識字率も22%に上昇させた



  このため、全ての費用は日本が持ち出しで払っており、一般的な植民地政策では

  なく、同じ日本であるという政策をとっていた


  まさしく、現在の韓国があるのは日本のおかげなのである



3、奴隷の制度は廃止出来たが、キーセンは根強い文化だった

  
  朝鮮にはキーセンという制度がある



  キーセンとは、元来は李氏朝鮮時代以前の朝鮮半島に於いて、諸外国からの使者や

  高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露したり、性的奉仕などをするために

  準備された奴婢の身分の女性のことを意味する




  韓国では日本人に強制連行されて従軍慰安婦になった可哀そうな人とされるが

  朝鮮は昔から性奴隷が当たり前だった



  
  従軍慰安婦は日本人もいたし、朝鮮人もいた

  しかし、強制性はなかった

  事の真相は朝鮮人の女衒に親から売られた人

  ひとつの儲かる職業として選んだ人

  このふたつのどちらかである



  なので、戦後もキーセン制度は続き、アメリカ軍に対しても行ってきた事が

  最近になり、暴露されている



  朝鮮は国ぐるみでキーセンを拡げていったのである



  それを恥ずることなく、日本のせいにしているのである

  朝鮮人は自分のプライドを守るためにはウソでも平気でつく



4、戦後に多額の賠償額を払っている

 
  日本は韓国に対して、戦前資産53億ドル、戦後賠償8億ドルもの巨額の賠償を

  戦後当時行っている

  現在の換算に直すと天文学的な数字である



  日本は戦前も戦時中も韓国を助けてきた

  なのに戦後に賠償までしているのだ



  常識では考えられないことである



  ちなみに韓国と中国は戦勝国ではない

  韓国は当時は日本であり、中国は逃げ回っていて戦争をしていない

  なので、戦勝記念日はなりたたない




戦後、韓国はアジアであり隣の国である日本という国に救われて発展したという

事実を汚点として考え、歴史をねつ造し反日教育を行った



なので、戦前を知らない人ほど反日である



しかし、今 反日教育により日韓の関係が最悪な状態である

反日を叫ばねば政治家にもなれない

ウソをつき続けなければいけなくなったのである




本当に日本がひどい国なので有れば

在日朝鮮人はひとり残らず、母国に帰っているはずである




韓国がウソをつき続けるのであれば、国交断絶しかない





韓国に対しても、朝鮮人に対しても賠償は終わっている



大韓民国も北朝鮮もある意味で同じレベルの国である






国際政治・外交ランキング

 



天皇陛下の生前退位について

n-JAPAN2-large570.jpg






このところ多忙につき更新を怠りまして事、深くお詫び申し上げます

アメリカの大統領選挙等ありますが、今回は天皇陛下の生前退位という

問題についてお話しします





今上天皇であらせられる天皇陛下がお気持ちを表明されました


これに対し政府は皇室典範や果てには憲法まで持ち出し、大問題に

しているが、象徴天皇制を考えればいとも簡単な話である




天皇陛下のお気持ちは主に下記の通りだ


1、高齢になれば体力的に象徴天皇としての務めができない

2、摂政という制度もあるが好ましくない


以上の通りだ




昨今、人の寿命は延びて早死にの人は少なくなってきた

当然、天皇陛下も長生きをされて次の天皇陛下は高齢になって

即位することとなる




皇太子徳仁親王殿下も既に56歳である



天皇制度に反対する人たちは、首相が天皇陛下が行うことをすれば

良いと思うのかもしれないが

公式行事だけでなく、天皇陛下は祭祀王である側面もあり

首相という政治家が執り行うような話ではない




また、政治家が行うことは政治色が強くなり人気取りのための

行事となってしまうので問題である




私としてはもともと退位した上皇という制度があったのだから

生前退位をさせてあげるべきと考える




権力が分散するとか?

色々言われるが、そもそも大日本帝国のころであれば問題化もしれ

ないが、現在は象徴天皇である




摂政をおくのも譲位するのも同じであろう




今上天皇は象徴天皇としての務めを重く受け止めているから

天皇としての務めができないものが天皇を続けてはいけない気持ち

でのお言葉であり




摂政が天皇の代わりを務めるのであれば天皇の必要がなくなるという

お気持ちであろう




今、憲法改正に大きく国が動いている状況で

皇室典範も含めた法の改正が困難なのであろうか?




私としては象徴天皇としてご尽力いただいた今上天皇に敬意を表し

生前退位ができるようになり

余生を穏やかに過ごしていかれることを切に思う























国際政治・外交 ブログランキングへ




いよいよ危機的な状況に!!

SLBM02-640x424.jpg







ここにきて北朝鮮のミサイル発射や核実験がまるで

祭りのように頻発している




のんきな人たちは、もし陸上に落ちたら危ないではないか?

なんて思っているかもしれないが

もう、そんな状況ではない




すでに日本はおろかアメリカまで射程に入れているのである

それも核弾頭付きの可能性すらあるのだ




ミサイル等言うものは、どちらかと言えば撃つ法より

迎撃のほうが困難である




日本の迎撃態勢は、北朝鮮・中国のことを考えれば

まだまだ、お粗末なのだ




これが戦時下のような、ミサイル迎撃態勢を取ったとしても

全部撃墜するのは非常に難しい




現在の日本のイージス艦やPACー3では国民は守れない




韓国が発表したように迎撃態勢は取るが

北朝鮮中のミサイルを発射できないようにする

攻撃態勢が必要になってくる




もうすでに戦時下と同じレベルまで来ているのだ




北朝鮮はもう日本の国へミサイルを撃ち込むことはいつでも

できるのだ




その状況を把握したうえでリスクマネージメントを考えねば

ならない







maxresdefault.jpg







アメリカはすでにB1爆撃機を韓国に展開している

いざとなると使うつもりだ


もう脅しだけではないのである、すでにアメリカを本気にさせて

しまっているのだ




のんきな日本をそろそろ脱却しなければ被害は一般人まで

及ぶであろう










国際政治・外交 ブログランキングへ




-  |  次の3件 »
Copyright © 日本という国!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます